スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ■青森県の野生キノコ セシウム137濃度 菌根性キノコは汚染されやすい



~青森県 野生キノコ セシウム137(bq/kg)~

タマゴタケ(菌根性)下北 9月4日
15bq
タマゴタケ(菌根性)東青 9月5日
9.5bq
マイタケ(腐生性)東青 9月15日
6.8bq
チチタケ(菌根性)東青 9月17日
18bq
ハナイグチ(菌根性)中南 9月24日
60bq←★
ヤマブシタケ(腐生性)東青 9月25日
8.1bq
ハナイグチ(菌根性)東青 10月8日
11bq
シモコシ(菌根性)下北 10月29日
19bq
マツタケモドキ(菌根性)下北 10月29日
13bq
http://www.pref.aomori.lg.jp/life/shoku/mashroom.html
http://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kenko/hoken/files/2011-1102-1910.pdf
菌根性キノコは汚染されやすい?



キノコの種類によって放射能の
吸い込み方が違うそうです
「自分と子どもを放射能から守るには」
という本によると
えのき、むらさきしめじ、ヒラタケ
などは比較的吸収が少ないらしいです
(あくまでも「比較的」)

基本的にはキノコ・ベリー類は
汚染されやすい食物なので
子供・妊産婦には食べさせない
事を推奨

(2chより)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chatran6

Author:chatran6
お読み戴きありがとうございます。

ーー@chatran6 Twitter分室ーー

※見方です↓
●印はYOUTUBE動画、
■印はHPやスレッド

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。