スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ■もし、もんじゅ なんかで 配管に断裂なんかが起こったら、 もう大変なことになるわけですからね。 冷却材がナトリウムですから。

まあ、呑気ですよ、みんな。
危機感がなさすぎますね。

もし、もんじゅ なんかで
配管に断裂なんかが起こったら、
もう大変なことになるわけですからね。

冷却材がナトリウムですから。

だからもう1日も早く,一刻も早く
止めろっていうふうに言わないと、
切羽詰まって言わないと、
脱原発をめざす人たちが
あんな呑気にのほほんとしてたら、
原発なんて止まるわけないと思いますよ。

アメリカ人でドイツの政策
アドバイザーをしておられる方が、
パネリストとして発言されていましたが、
「もし福島がドイツで起こったら、
もう即、明日から原発は止まります」
っておっしゃっていました。

10年で止めるといったら、
もう20年も30年も止まらない
可能性があります。

即止めるといってもなかなか
止まらないかもしれません。

推進側も必死に巻き返していますからね。

向こうの必死さとこちらの必死さを
比べたら、もしかしたら向こうの方が
強いかもしれませんね。

何しろ利権が絡んでいるようですから。

でも、命の方が大切ではないですか。

原発が止まった途端に電気が全部
無くなるわけではないでしょう?

少し減るだけです。

その分節電とか効率を上げるとかした方が、
全体的には健康な社会になるのでは
ないでしょうか。

(崎山比早子さん、放医研の元主任研究官)
スポンサーサイト
プロフィール

chatran6

Author:chatran6
お読み戴きありがとうございます。

ーー@chatran6 Twitter分室ーー

※見方です↓
●印はYOUTUBE動画、
■印はHPやスレッド

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。